事務所便り

投稿者:赤澤秀行

ステイホームでも歩く!

, | 2021年9月3日

 残暑お見舞い申し上げます。

 この号が発行される頃にはパラリンピックの真っ最中ですね。いろいろ物議のあったオリンピックですが、コロナ下の人々にたくさんの感動を与えてくれたことは間違いないでしょう。僕も何度目頭を熱くさせたことか。パラリンピックもきっと我々に多くの勇気と感動を与えてくれているはずです。

 そんな中、未だ変異株が猛威を振るう新型コロナ。デルタの次はラムダ、はては星座の名前を付けるとか。もういい加減にしてほしいですよね。

 一方で政府はといえば、現役世代へのワクチン普及もなかなか進められず、感染症5類格下げの一手も打てず、あいも変わらず緊急事態宣言のバーゲンセール。寝る間も惜しんでコロナ対応に当たってくださっている医療関係者の方々、自宅療養者に24時間対応で寄り添っていただいているかかりつけ医のドクターの皆さんの苦労が報われるような政策を期待したいのですが・・・。

 こうなると私たちができる最大の自己防衛策は自然免疫力を上げることかもしれません。マクロファージや好中球といった免疫細胞は血液やリンパに乗ってウイルスを退治してくれるそうです。なので運動することで血液やリンパの巡りをよくすることが免疫力を上げるのに何より大事とのこと。ステイホームでも家でじっとしてばかりでは危険。ぜひラジオ体操やウォーキングで体を動かしましょう。

 ちなみに毎日続けるには日記やブログで日々の活動を記録するのがおすすめです。僕もブログを書いています。誰も読まないけど。

(ニュースレター2021年夏号より)

 

散歩中、蝉に止まられるの図

赤澤秀行

ニュースレター令和3年夏号をお届けしました

| 2021年9月3日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

パラリンピック開催中もデルタ株が猛威を振るう新型コロナですが、この第5波もそろそろピークアウトの様相です。とはいえ、今度はミュー株が話題になっていて、いつまでコロナ騒動がつづくのやらと気が重くなります。大阪では現在4度目の緊急事態宣言下にありますが、もう緊急事態が続きすぎて感覚がマヒしている人も多いのではないでしょうか。

そんななかですが、弊所の手作りニュースレター夏号を先月末に発行いたしました。時候のご挨拶がわりにご笑覧いただければ幸いです。

弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

 

 

次号はいよいよ目標の10号。来年新春にお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

囲碁教室、細〜く続けております

| 2021年6月24日

こんにちは!相続アドバイザーでFP・行政書士の赤澤です。

赤沢6段に教わる弊所の囲碁教室、すっかりご報告を忘れてましたが、今でも月1回のペースで(たまに中止になりますが)細〜く続いております。

もちろんフルサイズ(19路盤)なぞ我々には早いので未だに9路盤での修行であります。

 

 

井奥弁護士のほうは独自の修行を続けているかいもあり(AI囲碁アプリだそうです)囲碁の実力はどんどんアップしている様子。

対して私といえば完全に一ヶ月に一回、毎回初めてのごとく囲碁に接し、遅々として棋力の進歩がみられない有様です・・・(^o^;

二人の棋力の差が激しくなりここ半年以上は連敗に次ぐ連敗・・・。

 

これではいけない、と囲碁の本を毎日ちょっとずつ紐解いていこうかと決意しました。ちょっとずつです。ちょっとずつ。その様子は相続サイトのブログでも公開していこうかと思っております。

あ、でも今日は久々に勝ちました!たまたま偶然いい形になったのが当たっただけですので実力でもなんでもないんですが(;´Д`)。

 

というわけで、所内囲碁教室のご報告でした。次回は来月です!

赤澤秀行

尿一滴、9800円で全身がんの早期発見!N-NOSE受けてみました

, | 2021年5月13日

 数年前から話題の「線虫」を使うがん検査。がん特有の匂いに寄ってくる線虫の特性を利用した画期的な検査方法です。

この線虫検査、尿一滴で、全身のがん(胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎、膀胱、卵巣、口腔・咽頭の15種類)をステージ0の早期から検知してくれます。

感度(がん患者をがんと判定する確率)も現時点で86%超と一般的な腫瘍マーカーに比べても高精度。

それでいて検査費用は9800円(税別)。こんな手軽で高精度、しかも安価な検査方法が「N−NOSE(エヌノーズ)」の名称で、昨年からすでに実用化されています。

 立ち上げ当初は提携病院のみの取り扱いだったようですが、現在は各主要都市に拠点が設けられ、ネットで誰でも手軽に検査キットを購入、提出できるようになっています。

大阪にも駅前に「N−NOSEステーションOSAKA」があり、お出かけのついでに気軽に立ち寄ることができます。

というわけで僕もさっそく線虫検査を受けてきました。

といっても、やることといえばキットを購入、自宅で採尿してステーションに持っていくだけ。

第一生命ビルの地下1階にあります

結果は6週間後で、6月ごろ判明する予定です(わかり次第ブログでも詳細を報告しますので、ぜひ御覧ください)

もしも検査結果が「陽性」だったらと思うとドキドキものですが、この検査はあくまで「がんリスク」の判別が役割。陽性だからといって実際にがんと決まったわけではありません。そのときは「リスクを見つけてくれてラッキー」と考えて、二次検査に臨みます。

もちろん「低リスク」ならホッと一安心ですが、油断大敵。定期的な健診を心がけようと思っています。

 今やがんは早期発見で治る時代です。人生終盤まで楽しく過ごすためにも、こういった便利なツールは積極的に活用していきたいものですね。 

(ニュースレター2021年春号より)

※写真入りでもうちょっと詳しいレポートを相続サイトのブログにアップしています。

赤澤秀行

ニュースレター令和3年春号をお届けしました

| 2021年5月10日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

大阪では3度目の緊急事態宣言が今月末まで延長されました。一方で諸外国ではワクチンの普及とともに徐々に規制が緩和されています。半年遅れぐらいで日本も続くとは思いますが、7月にはオリンピックも予定通り開催することになってますし、まだまだ先が見通せない状況です。

そんななかですが、昨年はコロナで発行できなかった弊所の手作りニュースレター春号を先月末に無事発行することができました。いつもとあまり代わり映えしない内容ですが、ご笑覧いただければと思います。

弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

 

 

次号は8月末に夏号をお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

ニュースレター春号準備中

| 2021年4月26日

緊急事態宣言により、こどもの発表会の無観客開催が決まりました・・・泣
保護者は1名のみということで、僕は家で留守番決定です。残念無念。
まあ発表会が中止にならなかっただけでも良しとしないといけませんね。
ほんま、コロナええかげんにしてよ、って感じです。

ニュースレター準備中です

さて、弊所手作りのニュースレター「事務所だより」、今日プリント業者から印刷が届き、現在鋭意折りと封緘作業中です。今日明日で仕上げ、明後日には投函するのを目標にえっちらおっちら作業しております。

弊所ニュースレターの創刊は今から3年前、2018年の夏。年賀状と暑中見舞いは毎年送っていたものの、もう少し事務所の様子を楽しくお知らせできるものはないかということで始めたものです。

それ以来、これまでお世話になった方々、ご依頼者の皆様、その他関係者各位に、毎回5〜600部ぐらいの少部数ですが、正月(1月)・春(4月末)・夏(8月末)と、4ヶ月おきに年3回発行しています。

昨年の春は緊急事態宣言の影響で1回お休みしましたので、今回で第8号になりました。当初目標の10号まではなんとか続けようということだったので、あと2号、来年の正月には目標達成できそうです。それ以降は更にパワーアップして続けていければいいなあと思っていますが果たして。

ニュースレターの内容は、所員の近況報告やら法律のうんちく話やら、ランチ情報など雑多なもので、僕が最終的に原稿を集めて「パーソナル編集長」というWindowsのDTPソフトで仕上げています。

なんせ新聞づくりもDTPソフトも初めてなので、作成当初はいろんな資料を参考に四苦八苦しましたが、もともとモノ作りは好きなほうなので今は結構楽しんでやっています。もっとも、原稿を書かされる弁護士らは毎回苦労しているようですが(笑)。

印刷は事務所のカラーコピーで出すより断然安いネットプリントを利用しています。
現在ネットプリントの大手といえば「ラクスル」と「プリントパック」でしょうか。ラクスルも以前セミナーチラシなどで使ったことがあるのですが、現在はプリントパックで落ち着いています。

プリントパックは「クイックデータチェック」という入稿してスグにパソコンの画面で仕上がりが確認できるシステムがあり、これが非常に使い勝手がいいのと、発送も早く、仕上がりもまずまず。それでいて価格が安いのが魅力。折りA4両面カラー送料込みで600部8千円ちょっとです(納期7日の場合)。

ただ今回に限っていうとサイトの不具合か何かで「クイックデータチェック」の仕上がり確認ができず、サポートに何度も電話して、夜の10時ごろようやくつながってなんとか事なきを得たこと、印刷の仕上がりが珍しく悪く、1ページめにフォントズレが生じていたことが残念。

フォントズレはちょっとひどくて再印刷ものでしたが、4月中の発送を締め切りにしているため、返品再印刷は断念し、申し訳なくもそのままお送りすることにします。なんか今回は文字が荒れてるぞと思われるかもしれませんが(そこまでちゃんと読んでいただけているとありがたいです)、何卒ご容赦くださいませ(汗)。

一応プリントパックには品質改善の要望をだしときましたので、次回はきれいな印刷でお送りできると思います(たぶん)。もし次回もダメなら業者変更も検討しなあきませんね。

(追記)

プリントパックから連絡があり、今回のプリント料金はポイントで返還してくれるとのこと。誠意ある対応で安心しました。

赤澤秀行

ニュースレター令和3年新年号をお届けしました

| 2021年1月15日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

大阪でも2度めの緊急事態宣言が発令され、依然としてコロナが猛威を奮っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新型コロナも従来のコロナと同じように、暖かくなってくれば次第に落ち着いてくるとのことですので、ここが踏ん張りどころですね。

さて、令和3年も弊事務所のニュースレター「事務所だより」新年号をお届けすることができました。弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

年3回発行のニュースレターも、通算7号め。今号の表紙は今流行りの「鬼滅の刃」に乗っかってデザインしてみました(笑)。手に取られた方、どこが鬼滅の刃か分かりましたでしょうか?

 

あと、今回は弊所の事務所案内リーフレットも作成して同封しました。初の試みで素人感満載ですが、徐々にいいものにしていければと思っています。

 

次回は令和3年4月に春号をお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

ニュースレター令和2年夏号をお届けしました

| 2020年9月2日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

コロナの影響で前回春号が中止になり、夏号はどうなることかと思いましたが、なんとか弊事務所のニュースレター「事務所だより」夏号をお届けすることができました。弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

年3回発行のニュースレターも通算6号ということで、平成30年夏創刊からちょうど2年目。今後予定通り年3回発行できれば再来年の新年号で目標の10号になります。そのころにはコロナも終息しているはず。明るいニュースをお届けできればと思っています。

次回は令和3年新春にお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

弊所もいよいよオンライン対応!?

| 2020年5月1日

こんにちは!相続アドバイザーの赤澤秀行です。

5月になりましたが、未だに新型コロナウイルスが世界中を席巻しております。海外ではロックダウン(都市封鎖)が続き、我が国も緊急事態宣言の延長で外出自粛要請が続く昨今。弊所も例にもれずテレワークを導入し、私もほぼ1日おきの出勤となっています。

初めてのテレワーク、書面仕事などは比較的問題なくできるのですが、打ち合わせや面談などは、やはり事務所に出勤していないとなかなか難しい。インターネットを介したオンライン会議の手段もいろいろあるようですが、未知のものに手を出すのはなかなか億劫なもの。

といって、このコロナ禍にあっては、否も応もいってられません。また、タイミングとしては裁判手続きの本格的なオンライン化も始まったところでもあります。

[裁判]2月からウェブ会議による争点整理が開始

というわけで、弊所でもTeams(裁判所が指定するオンライン会議のソフトです)やZOOM(このコロナ禍で世界中で一気に有名になったアプリですね)などによるオンライン相談に少しずつ対応するようになってきています。

いざやってみると、意外と簡単。特にZOOMは世界中で流行るだけあって、パソコンがなくても、スマホやタブレットがあれば誰でも無料で利用でき、会議を開くのも、参加するのもとっても手軽です(セキュリティの問題は何かとあるようなので早期の対応に期待)。

ご依頼者目線でもオンライン対応はメリットが大きい気がします。現在のようにリアルの会議が難しい状況下以外でも、遠方の方や、ご高齢者様も、時間や場所、体力などをあまり気にせずに気軽に相談していただけます(そのための環境設定というハードルはありますが・・・。ここは弊所でも対応させていただければと思っています)。

いまや世界中でこのようなオンライン化へ働き方の大変革が起こっています。通信業界で5G(次世代の超高速通信)が始まるタイミング、というのも何か妙に符合している気がします。災い転じて福となす、ではないですが、ご依頼者様により便利な仕組みとして、オンライン化を進め、活用していくのが当事務所としての努めだと思います。

ともあれ、今後は弊所も積極的にオンラインでの相談や打ち合わせ、セミナー等に対応していきますので(オンライン決済にも対応する必要がありそうです)、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

赤澤秀行

ニュースレター令和2年新年号をお届けしました

| 2020年1月14日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

ご報告が遅れましたが、弊事務所のニュースレター「事務所だより」新年号、昨年末に無事発送を終えました。おそらく元旦にはお手元に届いていることと思います。これまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

平成30年夏創刊の弊所手作りニュースレターも通算第5号。新年号、春号、夏号と、年に3回しか発行しないものの、毎回バタバタしながらなんとか締め切りに間に合わせるのが恒例になっています(^^;)。もう少し余裕を持って作れればいいんですけど、”締め切り効果”につい頼ってしまうのが人間の性というものでしょうか。。
ともあれ、目標の10号まで折り返し地点まできました。次回は令和2年残暑にお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、今号からは新しく「読者の広場」というミニコーナーを設けて、これまでのお便りから抜粋して掲載させていただいております。次号も投稿を募集しますので、どしどしお便り、メールお送りください。謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

PS.今号の謎解きの答えは・・・・「イチョウがキニナル」でした!

 

 

赤澤秀行

pagtTop