事務所便り

カテゴリ:事務所のこと

ニュースレター令和3年春号をお届けしました

| 2021年5月10日new!

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

大阪では3度目の緊急事態宣言が今月末まで延長されました。一方で諸外国ではワクチンの普及とともに徐々に規制が緩和されています。半年遅れぐらいで日本も続くとは思いますが、7月にはオリンピックも予定通り開催することになってますし、まだまだ先が見通せない状況です。

そんななかですが、昨年はコロナで発行できなかった弊所の手作りニュースレター春号を先月末に無事発行することができました。いつもとあまり代わり映えしない内容ですが、ご笑覧いただければと思います。

弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

 

 

次号は8月末に夏号をお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

100均で作るダンボールストッカー、おすすめ!

| 2021年4月23日

当事務所には入り口奥にちょっとしたスペースがあり、倉庫として使っています。

奥は古い記録やらを収納しているのですが、空きダンボールの処理については長年適当に積み上げて、溜まったら捨てていました。

しかしどうも見た目も悪いし、ダンボールをゴミとして処分するときも余計な手間がかかる。

そこで、ネット情報をもとに、百均(ダイソー)で買える素材でダンボールストッカーを作ってみました。

部品はポール(47cm)4本と、棚(15*30)と、キャスター(2個入)2組と、ポール留め具(4つ入り)。8点で締めて税込み880円です。

 

これが

 

 

 

 

 

 

こうで

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなります!

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく倉庫スペースに設置。

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じにダンボールをストックできそうです。

100均ダンボールストッカー、おすすめです。

事務局

ニュースレター令和3年新年号をお届けしました

| 2021年1月15日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

大阪でも2度めの緊急事態宣言が発令され、依然としてコロナが猛威を奮っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。新型コロナも従来のコロナと同じように、暖かくなってくれば次第に落ち着いてくるとのことですので、ここが踏ん張りどころですね。

さて、令和3年も弊事務所のニュースレター「事務所だより」新年号をお届けすることができました。弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

年3回発行のニュースレターも、通算7号め。今号の表紙は今流行りの「鬼滅の刃」に乗っかってデザインしてみました(笑)。手に取られた方、どこが鬼滅の刃か分かりましたでしょうか?

 

あと、今回は弊所の事務所案内リーフレットも作成して同封しました。初の試みで素人感満載ですが、徐々にいいものにしていければと思っています。

 

次回は令和3年4月に春号をお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

ニュースレター令和2年夏号をお届けしました

| 2020年9月2日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

コロナの影響で前回春号が中止になり、夏号はどうなることかと思いましたが、なんとか弊事務所のニュースレター「事務所だより」夏号をお届けすることができました。弊所のニュースレターはこれまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

年3回発行のニュースレターも通算6号ということで、平成30年夏創刊からちょうど2年目。今後予定通り年3回発行できれば再来年の新年号で目標の10号になります。そのころにはコロナも終息しているはず。明るいニュースをお届けできればと思っています。

次回は令和3年新春にお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、「読者の広場」コーナーでは、投稿を募集しています。ニュースレターの感想やご意見ご質問どしどしお送りください。その他、謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

赤澤秀行

弊所もいよいよオンライン対応!?

| 2020年5月1日

こんにちは!相続アドバイザーの赤澤秀行です。

5月になりましたが、未だに新型コロナウイルスが世界中を席巻しております。海外ではロックダウン(都市封鎖)が続き、我が国も緊急事態宣言の延長で外出自粛要請が続く昨今。弊所も例にもれずテレワークを導入し、私もほぼ1日おきの出勤となっています。

初めてのテレワーク、書面仕事などは比較的問題なくできるのですが、打ち合わせや面談などは、やはり事務所に出勤していないとなかなか難しい。インターネットを介したオンライン会議の手段もいろいろあるようですが、未知のものに手を出すのはなかなか億劫なもの。

といって、このコロナ禍にあっては、否も応もいってられません。また、タイミングとしては裁判手続きの本格的なオンライン化も始まったところでもあります。

[裁判]2月からウェブ会議による争点整理が開始

というわけで、弊所でもTeams(裁判所が指定するオンライン会議のソフトです)やZOOM(このコロナ禍で世界中で一気に有名になったアプリですね)などによるオンライン相談に少しずつ対応するようになってきています。

いざやってみると、意外と簡単。特にZOOMは世界中で流行るだけあって、パソコンがなくても、スマホやタブレットがあれば誰でも無料で利用でき、会議を開くのも、参加するのもとっても手軽です(セキュリティの問題は何かとあるようなので早期の対応に期待)。

ご依頼者目線でもオンライン対応はメリットが大きい気がします。現在のようにリアルの会議が難しい状況下以外でも、遠方の方や、ご高齢者様も、時間や場所、体力などをあまり気にせずに気軽に相談していただけます(そのための環境設定というハードルはありますが・・・。ここは弊所でも対応させていただければと思っています)。

いまや世界中でこのようなオンライン化へ働き方の大変革が起こっています。通信業界で5G(次世代の超高速通信)が始まるタイミング、というのも何か妙に符合している気がします。災い転じて福となす、ではないですが、ご依頼者様により便利な仕組みとして、オンライン化を進め、活用していくのが当事務所としての努めだと思います。

ともあれ、今後は弊所も積極的にオンラインでの相談や打ち合わせ、セミナー等に対応していきますので(オンライン決済にも対応する必要がありそうです)、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

赤澤秀行

ニュースレター令和2年新年号をお届けしました

| 2020年1月14日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

ご報告が遅れましたが、弊事務所のニュースレター「事務所だより」新年号、昨年末に無事発送を終えました。おそらく元旦にはお手元に届いていることと思います。これまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしておりますので、うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください。

平成30年夏創刊の弊所手作りニュースレターも通算第5号。新年号、春号、夏号と、年に3回しか発行しないものの、毎回バタバタしながらなんとか締め切りに間に合わせるのが恒例になっています(^^;)。もう少し余裕を持って作れればいいんですけど、”締め切り効果”につい頼ってしまうのが人間の性というものでしょうか。。
ともあれ、目標の10号まで折り返し地点まできました。次回は令和2年残暑にお送りする予定です。どうぞお楽しみに!

なお、今号からは新しく「読者の広場」というミニコーナーを設けて、これまでのお便りから抜粋して掲載させていただいております。次号も投稿を募集しますので、どしどしお便り、メールお送りください。謎解き、川柳、似顔絵なんでもどうぞ!(*^^*)

PS.今号の謎解きの答えは・・・・「イチョウがキニナル」でした!

 

 

赤澤秀行

事務所のコピー機を入れ替えました。

| 2019年10月31日

ほぼ8年間使ってきた当事務所のコピー機(複合機)ですが、経年劣化でエラーが頻発するようになったため、今回最新の機種に入れ替えることになりました。

 

8年ぶりのコピー機。まあ、正直、基本機能は変わりません。

 

ただし、見た目はスタイリッシュになって、操作パネルもカラー液晶。Androidが搭載されているそうです。逆に機械式のボタンが無くなったのはなんだか頼りないところ(笑)。

 

タッチパネルでアイコンもいろいろカスタマイズできます。

 

基本のコピー画面。かんたんモードもあるのですが、今までと同じ配置のほうが使いやすいので、あえてクラシックモードに設定。

 

2枚めのページにはいろいろな情報を表示しています。

 

3ページ目はブックマーク。実はAndroidなのでインターネットでホームページが見れます。

 

当事務所のホームページも。表示させたところで何に使うのか不明ですが(笑)。

 

なんとYou Tubeも再生可能でした。搭載されたAndroidが古いのか、CPUが古いのか、お世辞にもスムースな再生、とまでは言えませんが、音声付きで一応まともに視聴できます。
ただ、できたところでやっぱりどうというわけではありません(笑)。

 

というわけで、今後少なくとも5年間はちょっと進化したこの機種(RICOH IM C3500)で業務をすることとなりました。できるだけ長持ちして欲しいところです。

次に入れ替えるときはどういう風に進化してくるのか、そもそもペーパーレス化でコピー文化がどうなっているのか、なかなか興味が尽きません。(*^^*)

事務局

ニュースレター令和元年夏号を発送しました

| 2019年8月28日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

昨年の夏に創刊しました弊事務所のニュースレター「事務所だより」、おかげさまで2年目に突入です。令和最初の手作りニュースレター第4号、本日無事発送いたしました。

これまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしております(うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください!)。

確か、前号発行時に「令和第1号からは紙面を新たに刷新する予定です」と書いたのですが、実際に刷新できたのは一部のみ・・・。なかなか新しいことを始めるのは大変です(汗)。

とはいえ、次号からも少しずつ紙面を充実させていきますので、長い目でお見守りいただければ幸いにございます。m(_ _)m

目標の10号まであと6号。次回は令和2年新春にお送りする予定です!

投稿なども受け付けておりますので、今後とも宜しくお願いいたします!(*^^*)

赤澤秀行

事務所の年輪

| 2019年5月20日

去る4月1日、平成天皇の退位と新天皇の就位に伴う新元号が発表され、5月1日から「令和元年」が始まることとなった。

元来、元号は単なる時間の区切りを表すのではなく、中国の紀元前の前漢時代の武帝が統治の道具として使い始めたもので、わが国も「大化」に始まり、明治以降は「一世一元」の制度として国民統治の機能を果たしてきたが、国民主権の現憲法下においてもその仕組みを維持しつつ、そうした意味合いを払しょくした一定の時の流れいわば「時代」を象徴する道具として活用されている。

公文書では、時の表現として元号が使用され、国際化時代の現代では西暦の表示も併用されている。時の政府の民意無視と復古への憧れが際立つ昨今の政治の流れにおいて、新元号が発祥の時代への里帰りを象徴するものとして利用されないことを強く期待するものである。

 さて、そうした意味で、「平成」から「令和」への移行に際し、私たちの事務所の「年輪」を語っておきたい。

 私が、事務所創立者の山本治雄先生の事務所に入ったのが、昭和36年(1961)4月、司法研修所を出たばかりの「苗木」であった。修習の頃、弁護教官から、アメリカの弁護士の理想的なモデルとして、「仕事は自由に、暮らしは不自由ではないが、莫大な遺産は残さない」と聞かされたことがあり、これをモットーとして出発して以来、樹齢58年の年輪を数えた。元号を適用すると、昭和時代28年、平成時代30年となる。

思えば、高度成長期からバブル崩壊の前半期から停滞と格差拡大、分断の後半期に分かれるが、昭和時代には、昭和43年(1968)から辻公雄弁護士、同50年(1975)から三木俊博弁護士、同56年(1981)から河村利行弁護士が、それぞれ6,7年間事務所に在籍し、また昭和62年(1987)から後半の平成時代30年間を井奥圭介弁護士が事務所を支えてくれた。そして、大学駒場寮で同室であった浦島三郎元裁判官が平成18年(2006)に入所し現在に至る。 

いずれの弁護士も個性豊かで、理論派と実践派という傾向の違いはあっても、自由闊達な仕事ぶり、徒に金銭欲に走らない事件処理や弁護士会活動など社会的活動を通じて、事務所の年輪だけでなく姿形のよさを保持してくれたことに感謝したい。

これから始まる「令和」の時代に、果たして事務所の年輪と姿はどのようになるのか、私も生涯現役の覚悟で努力を重ねたいと念じている。

(ニュースレター平成31年春号より)

赤沢敬之

ニュースレター平成最終号を発送しました

| 2019年4月24日

こんにちは!相続アドバイザーでニュースレター担当の赤澤秀行です。

今年の夏に創刊しました弊事務所のニュースレター「事務所だより」、平成のうちに第3号をと、いうことで準備してきましたが、本日なんとか無事に平成最終号を発送することができました。

これまで当事務所とご縁のあった方々にお送りしております(うちに来てないよ、という方はどうぞご一報ください!)。

 

今号を最後に(終わりませんよ!)、夏の令和第1号からは紙面を新たに刷新する予定です。お役立ち記事や、楽しい企画を考えていますので、乞うご期待。

目標の10号まであと7号。次回は令和元年残暑にお送りする予定です!

投稿なども受け付けておりますので、今後とも宜しくお願いいたします!(*^^*)

赤澤秀行

pagtTop